コロナワクチンの非公開成分の分析結果

youtube.com/post/Ugwh_vuaMILQWberUN14AaABCQ

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の元研究責任者で自然療法医学博士であるロバート・ヤング博士が、4社が提供する全人類による人体実験中の液体を分析して、非公開成分を特定した。

全てのワクチンに酸化グラフェンが仕込まれている事が解明された。

酸化グラフェン

酸化グラフェンは独特の2次元構造を持ち、優れた化学的および物理的特性を備えていますが、マグネタイトナノ粒子は超常磁性を備えているため、外部磁場による制御が可能です。

「外部磁場による制御が可能です。」ここに注目!外部磁場=5G。つまり5Gタワーからの制御が可能という事だ。

製薬会社はワクチンを製造売買する際に「有害事象は最低10年間は公表しない」 という契約がある。

そしてワクチンに仕込まれているチタンにも注目!二酸化チタンは元祖ナノチップと言っても過言では無い。二酸化チタンはありとあらゆる白い食品、クリーム、錠剤に仕込んである。白かったら要注意!ナノサイズなので皮膚からでも吸収される。チタンと言えば一番硬い金属。それをナノサイズにしたのが二酸化チタン。体に溜まった二酸化チタンは5Gタワーからの周波数で弾丸の様に踊りだし、細胞そして内臓を破壊する。フィラデルフィア・チーズに入っている事は、十年以上も前に話題になった。

ameblo.jp/gaokun013/entry-12575082932.html

二酸化チタン。

この化学物質は栄養素ではない。それは全くの不溶性で、それはまるで粉末ガラスを食べるに等しい。

アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質の中に二酸化チタンを挙げている。

それは、喘息、癌、腎臓病、アルツハイマー病、そして不妊の原因と考えられている。

二酸化チタンは、化粧品や、錠剤を作るための充填剤としてビタミンや他の薬で使用されている。

それは脱脂粉乳、チーズ、ヨーグルト、マヨネーズ、チョコレート 、マシュマロ 、ファーストフード、トマトケチャップなどに使用されている。

また人間が食べる動物も食べさせられている。

二酸化チタンは、世界中の顔料の総生産量の70%を占めており、それは広く塗料、プラスチック、紙、インク、食品、

歯磨剤などの製品に白色性と不透明性を提供するために使用されている。

それはまた、化粧品やスキンケア製品にも使用され、紫外線から肌を保護するのに役立つほぼ全ての日焼け止めの中に存在する。

二酸化チタンは、ユニークな特性を有する金属酸化物である。これは硬度でダイヤモンドに匹敵し、そして優れた電気的特性が注目されている。

世界保健機関(WHO)は、メーカーが子供の食品、家畜の餌、そして地球のバイオマスを毒する事を許し続けている。

我々がそれを食する事でただちに出血や窒息になる事はないが、アスベストと同じく静かにゆっくりと、容赦なく、その恐ろしい

ウィルスのような種子がいくつかの体内の臓器に落ち着くにつれ、電磁放射のある周波数によって発動されるのを待っている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s