コロナワクチンを接種した30人中29人の皮膚に磁石がくっついた

https://www.globalresearch.ca/study-electromagnetism-vaccinated-persons-luxembourg/5749516

ルクセンブルクでワクチン接種を受けた男女15人、合計30人に磁石をくっつける実験が行われた。その結果は30人中29人に磁石がくっついたという結果が出た。

コロナワクチンにグラフェン、ナノチップ、ナノセンサー、ナノトランジスターなどの電磁波を発するナノパーティクルが仕込まれている証拠。これが電磁効果、接種者の体に磁石がくっつくという現象に現れる。

最近ワクチンを接種した人よりも、かなり以前にワクチン接種をした人々の方が電磁効果が強い事も発見された。人々に「体に磁石がくっつく」とネット上で騒がれて、ワクチン会社がワクチンを薄めた証拠だろう。最初にワクチン接種を受けた看護師、および金融アナリストは、完全に異常な電界放出を示した(磁界テスターMeterkブランド、モデルMK54による計測)。

磁石が首、胸、額、脚の部分にも付着しているかどうか、スプーン、はさみ、スマートフォンなどの他の物体でも試した。

自分の体に磁石、金属などがくっつくのに気がついた人々は、青白く、白く、神経質になり、額に手を置くか、腕を組んで下唇をつまんだ。腰や太ももを拭くのを見ると、手から汗をかいているのが分かる。修復不可能なことをした可能性があることに気付いたときの反応だ。

政府はワクチン接種者達に、ワクチンという名目で遺伝子組み換え、そしてナノチップをインプラントした事を明らかにする義務がある。ワクチンと嘘を言って遺伝子組み換え、そしてナノチップのインプラントをしている事は完全なる犯罪行為としか言いようが無い。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s