ファイザーコロナワクチンの危険なロット番号

あるロット番号のワクチンは、殆ど問題が無いのに、あるロット番号のワクチンの副反応の報告が異常に多い。これは何を意味するのか?

ロット番号別に原材料の違う別種のワクチンを製造しているのか?政府が個人個人をカテゴリー化し、「特権階級の爬虫類人レプティリアン支配層」「良い人間奴隷」「使えない人間(人口削減の対象)」「危険分子(今すぐに殺したい)」それに沿って、ロット番号別のワクチンを接種しているのか?

CDCワクチン副反応データベースでロット番号別に検索すると、殆どのロット番号のワクチンは副反応の報告数は一桁。しかしあるロット番号のワクチンの副反応報告数は四桁。

ロット番号の数は何万もあるが、副反応報告が2千以上のロット番号だけコピペしておいた。日本で副反応が出たと言われているロット番号も調べてみたが、日本に送られたワクチンのロット番号は、米国とは違う様だ。

wonder.cdc.gov/controller/datarequest/D8;jsessionid=F65EA4F5E47AF23A2CDEC0A27635

このEK5730が一番健康被害が出たロット番号。下の表を見れば、他のロット番号と比べて、数が異常に多い事が分かる。

次に被害が多かったのはEH9899。他のロット番号の被害が一桁なのに、この被害数は4桁。突出して被害が多い。殺人兵器として開発されたのか?ロット番号で、これだけ差があるって非常におかしい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s