ワクチン接種後ナノ寄生虫が体内で爆発的に増殖し脇の下に繁殖コブが発生?

ある医師が自分のコロナワクチン接種後に、脇の下にコブができているのを発見。

youtube.com/watch?v=mTOuECHGBdo&t=1362s

その直後、こんなYoutubeビデオを発見。寄生虫が体内で増殖し、脇の下にコブができたそうだ。

コロナワクチン内に仕込まれている米軍が人工的に作ったナノ寄生虫も、どうやら他の寄生虫と同様、体内で増殖し、増殖した場所(巣)にはコブができるらしい。米軍が開発したナノ寄生虫は勝手に複製する事ができ、体内で爆発的に増殖するらしい。それだけでなく、一緒に住む家族や職場での同僚にも、接種者に触れる事により、これらのナノ寄生虫が移り寄生する可能性大。

これらは軍事兵器化されたナノ寄生虫だそれがワクチンに仕込まれており人口削減策に役に立っている。支配層は、地球上の人口の95%を減らす魂胆だ。このナノ寄生虫が世界を支配する時も近い。

コロナワクチンには、ナノ寄生虫だけでなく、ナノチップ、ナノトランジスター、ナノセミコンダクター、ナノ電磁センサーなどが仕込まれている。5Gタワーからのシグナルで、人間の体をハイジャックする魂胆だ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s