「接種者の余命は平均で2年、長くて3年」 前ファイザーバイオテック副社長&チーフサイエンティストのイードン博士

イードン博士のインタビューの中身の一部

アバウトな日本語訳

ファイザーでチーフサイエンティストだったイードン博士は「COVID-19ワクチン接種者達を救うのはもう手遅れだ。」

彼は、まだ接種していない人々に「死のワクチン」を受けない様に警告を鳴らしている。人間の存続、そして子孫の存続のために。

世界的に有名な免疫学者は「このワクチンで大多数の人々が殺されるだろう」と警告している。

「最初のワクチン接種で0.8%の人々が2週間以内に死ぬだろう」

ワクチン接種した人の余命は平均で2年。しかし2回目の接種、3回目のブースター接種などで余命は更に短くなる。」

ファイザーに20年間勤めたイードン博士はこう述べる「現在、行われている全てのワクチン接種は大量虐殺だ。これらのワクチンによる虐殺数は今まで存在した戦争の合計犠牲者数を遥かに上回る。」「既に数十億の人々が、ワクチン接種により苦悶しながら死んでいった。」

「ワクチン接種者は確実に死んでいく。3年生きられれば良い方だろう。」

イードン博士は陰謀論者では無い。彼は科学者としてデータを語っている。それはもちろん動物実験データだ。

あるファイザーのインサイダーによると「動物実験に猫を使用した。ワクチン接種後には元気だった猫達も、2年後には全ての猫達が死んだ」と語っていた。ファイザーのプレス・リリースには「人間に遺伝子的に一番近い2〜4歳のオスの赤毛猿(Rhesus macaques)がワクチン開発の動物実験に使用された」とも書かれている。

2年前にはコロナウイルスもワクチンも無かったと思われる人々も多いだろう。しかしコロナウイルスもワクチンも十年以上も前から計画されていたと考えれば納得いくだろう。全ては米軍基地や米国防衛高等研究計画局がクリエイトしたバイオ兵器。

コロナワクチン死亡者が2001年に存在した証拠がある。米国CDCのワクチン死亡者の統計だ。

https://wonder.cdc.gov/controller/datarequest/D8;jsessionid=62B3EF9A06F7FCD3E4F9F873D77B

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s