10,570人の死亡405,259人の負傷:COVID-19「コロナワクチン」に対する薬物有害反応のヨーロッパデータベース

globalresearch.ca/10570-dead-405259-injuries-european-database-adverse-drug-reactions-covid-19-vaccines/5745450

これが2021年5月8日までの要約データです。

総反応実験のmRNAワクチン Tozinameran  (コード BNT162b2Comirnatyから)BioNTech / ファイザー:  5368死亡170528人が負傷

  • 12,435血液およびリンパ系の障害を含む。54人が死亡
  • 8,551心臓障害を含む。636人が死亡
  • 62先天性、家族性および遺伝性疾患を含む。4人が死亡
  • 4,828耳および迷路障害を含む。3人が死亡
  • 153内分泌障害
  • 5,413眼障害(含む)9人が死亡
  • 37,167胃腸障害を含む。270人が死亡
  • 115,627一般的な障害および投与部位の状態を含む。1719人の死
  • 279肝胆道障害を含む。24人が死亡
  • 4,047免疫系障害を含む。25人が死亡
  • 12,099感染症および感染症を含む。589人が死亡
  • 4,142傷害、中毒および手続き上の合併症を含む。72人が死亡
  • 8,904件の調査を含む。196人が死亡
  • 2,961代謝および栄養障害を含む。109人が死亡
  • 59,217筋骨格系および結合組織障害を含む。58人が死亡
  • 194良性、悪性、不特定の新生物(嚢胞とポリープを含む)を含む。11人が死亡
  • 73,400神経系障害を含む。535人が死亡
  • 231妊娠、産褥および周産期の状態を含む。9人が死亡
  • 83製品の問題
  • 7,002精神障害(含む)81人が死亡
  • 1,143腎および泌尿器疾患を含む。82人が死亡
  • 1,241生殖器系および乳房障害を含む。2人が死亡
  • 16,257呼吸器、胸腔、縦隔の障害を含む。619人が死亡
  • 18,516皮膚および皮下組織の障害(含む)46人が死亡
  • 564社会情勢を含む 9人が死亡
  • 142外科的および医療的処置を含む。9人が死亡
  • 9,851血管障害を含む。197人が死亡

モデルナModernaから の実験的mRNAワクチンmRNA-1273 (CX-024414)の総反応:  2021年8月5日までの 2,865人の死亡22,985人の負傷

  • 1,047血液およびリンパ系の障害を含む。19人が死亡
  • 1,674心疾患を含む 301人が死亡
  • 8先天性、家族性および遺伝性疾患を含む。2人が死亡
  • 535耳と迷路の障害
  • 29内分泌障害を含む。1人の死
  • 793眼の障害を含む。4人が死亡
  • 4,952胃腸障害を含む。100人が死亡
  • 16,192一般的な障害および投与部位の状態を含む。1255人が死亡
  • 98肝胆道障害を含む。6人が死亡
  • 587免疫系障害を含む。4人が死亡
  • 1,906件の感染症および感染症を含む。151人が死亡
  • 1,042怪我、中毒、および手続き上の合併症を含む。53人が死亡
  • 1,395件の調査を含む 68人が死亡
  • 670代謝および栄養障害を含む。58人が死亡
  • 7,143筋骨格および結合組織障害を含む。58人が死亡
  • 60良性、悪性、不特定の新生物(嚢胞とポリープを含む)を含む。11人が死亡
  • 9,617神経系障害を含む。294人が死亡
  • 62妊娠、産褥および周産期の状態
  • 11製品の問題
  • 1,118精神障害を含む 45人が死亡
  • 383腎および泌尿器疾患を含む。32人が死亡
  • 135生殖器系および乳房障害を含む。1人の死
  • 2,822呼吸器、胸腔および縦隔の障害を含む。255人が死亡
  • 2,901皮膚および皮下組織の障害(含む)22人が死亡
  • 214社会情勢を含む 9人が死亡
  • 131外科的および医療処置を含む。16人が死亡
  • 1,526血管障害を含む。100人が死亡

モデルナの死亡者数と負傷者数が少ないのは、ヨーロッパでモデルナの接種数が少ないからだろう。米国ではモデルナの方がファイザーよりも多少、接種数が多いので、モデルナの死亡者数と負傷者数の方がファイザーよりも多い。だからモデルナがファイザーよりも安全とは、全く言えない。

死亡者と負傷者が多く出ているワクチン障害をトップから記述すると

1.心臓障害

2.呼吸器障害 

3.感染症 

4.神経障害 

5.胃腸障害 

6.血管障害 

感染症が3位に来ているのは、ワクチンに特殊株コロナウイルスやヘルペスなどの多種多様なウイルスや菌(全て米軍&DARPAが開発したバイオ兵器)が仕込まれているからだろう。ファイザーの治験プロトコルの67ページから「接種者から感染が広がる。空気感染、皮膚感染、性的感染など。接種者の家族や会社の同僚に、その感染は広がる。間違って接種者に近づいてしまった場合には、報告が必要。」と書かれている。感染症で肺がヤラれれば呼吸器が破壊されるだろう。

spacetravelinalabama.com/2021/05/07/vaccinated-people-can-transmit-covid-to-some-other-people/

「性的感染」については、ヘルペスなどの性病もワクチンには仕込まれている。米軍が開発した特殊梅毒も含まれている可能性。6割以上の国民がワクチン接種したイスラエルでは、接種後、多くのヘルペス発症のケースが報告されている。

spacetravelinalabama.com/2021/05/10/covid-vaccine-cause-herpes-infection/

血管障害に関しては、スロバキア共和国の医学研究所が、血管内に侵入してきたワクチン内に仕込まれているハイドロゲルが、周囲の赤血球を破壊し、血栓を作り、血管を破壊したという顕微鏡写真が次の記事で見れる。

コロナワクチン内のハイドロゲルは赤血球を全滅させ血栓を形成し血管を破壊する

spacetravelinalabama.com/2021/05/21/コロナワクチン内のハイドロゲルは赤血球を全滅/

心臓の血管がヤラれれば心疾患、脳の血管がヤラれれば脳梗塞やくも膜下出血という事になるだろう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s