コロナワクチン内のハイドロゲルは赤血球を全滅させ血栓を形成し血管を破壊する

golokaproject.org/documentfiles/Analysis-of-test-sticks-from-surface-testing-in-the-Slovak-Republic.pdf

スロバキア共和国で行われた顕微鏡医学実験で、コロナワクチン内に仕込まれているハイドロゲルが赤血球を全滅させ血栓を形成した事が観察された。そのハイドロゲルは米軍DARPAに開発された多種多様なナノパーティクル(ナノセミコンダクター、ナノ電磁センサーなど)が入れてある。そのハイドロゲルが体内のありとあらゆる臓器や細胞に入り込み、臓器や細胞のフリができるという(“biocompatible” and “can mimic condition of cells”)。

血管内にコロナワクチンに仕込まれている米軍DARPA開発のハイドロゲル(上真ん中の丸い物体)が侵入。赤血球はまだ健康な状態。

するとハイドロゲルは血管内の赤血球を全滅させた。

ハイドロゲルは、たった数秒間で血栓を形成。そして血管を詰まらせ破壊した。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s